FPSなどで活躍!ゲーミングリストレストのおすすめ5選!ロジクール,Razerなど

おすすめのゲーミングリストレスト

ゲームを含めパソコン作業は手首に負担をかけています。手首への負担は、時に肩こりや頭痛へ発展することもあり、ゲームだけでなく日常生活にも影響を与えるでしょう。

リストレストは手首への負担を軽減することができ、パソコン作業のパフォーマンスを上げることが可能です。

ここでは、 ゲーミングリストレストの選び方・実際におすすめするゲーミングリストレストを紹介します。

ゲーミングタブレット 静音性静音性抜群のゲーミングキーボードのおすすめを紹介!軸の種類についても解説
この記事を書いた人

高田集

高田 集(タカダ シュウ)

初代のiMac G3から、20年以上Macを使い続けているAppleファンな人です。新しいガジェットが発売すると、物欲が抑えられず散財。溜まり続けるガジェット知識を消化すべく、ブログとnoteで発信しています。2021年はWindowsの自作ゲーミングPCを作り直す予定です。

リストレストを使うメリット

リストレストを使うメリットは、手首への負担を軽減することによる、パソコン作業のパフォーマンスが向上です。

ゲームの中でもFPSは特に激しい動作を行うため、手首に大きく負担をかけています。リストレストはキーボードと手首の高さを水平にできるので、猫背になりにくく正しい姿勢で作業をすることが可能です。

正しい姿勢を維持することは手首への負担軽減だけでなく、ゲームのパフォーマンス向上も見込めるでしょう。

プロゲーマーやパソコン作業を長時間する人には、リストレストは特に有効です。

ゲーミングリストレストのおすすめメーカー

ゲーミングリストレストのおすすめメーカーを解説します。

  • Logicool(ロジクール)
  • Razer(レイザー)

Logicool(ロジクール)

Logicoolはスイス連邦に本社を置き、35年以上にわたりデバイスを提供しています。
特にWebカメラはとても高い評価を得ており、パソコンの知識がない人でも手軽に設定できることで人気です。

ゲーミングデバイスの購入を検討されている人で、Logicoolを知らない人がいないくらいに有名なメーカーです。ゲーミングマウスやゲーミングキーボードの品質はとても高く、eスポーツのプロゲーマーも愛用しています。

ビジネスからゲームまで、どのような人へもおすすめできるメーカーです。

Razer(レイザー)

Razerはアメリカに本社を置く、世界トップクラスのゲーミングデバイスメーカーです。
LogicoolとならびRazerのゲーミングデバイスは世界シェアトップを争っています。

「3つ首の蛇」か「3匹の蛇がからまっている」と言われるRazerのロゴマークは有名で、カラーはブラックとグリーンのツートンカラーを採用している製品が多いことが特徴です。

Razerはeスポーツの世界でも、愛用しているプロゲーマーが多数おり、また日本のプロゲーマー「父ノ背中」のスポンサーもしています。

ゲーミングリストレストを選ぶ基準

ゲーミングリストレストを選ぶ基準を解説します。

  • 素材で選ぶ
  • キーボード用かマウス用か
  • 広めのサイズ

素材で選ぶ

リストレストの素材は、主にウレタン素材・ジェル素材があります。それぞれの素材に特徴があり、自分にあった素材を選ぶことが必要です。

ウレタン素材

低反発素材を採用しているリストレストが多く、手首が安定しやすい特徴があります。

ジェル素材

弾力性がとても高い素材であり、手首の動作に合わせてジェルが動きます。メリットは水洗いができるので、いつも清潔に使用できることです。

キーボード用かマウス用か

リストレストはキーボード用とマウス用があります。キーボード用のリストレストはフルサイズキーボード用かテンキーレスキーボード用の2種類があります。

テンキーレスキーボードはFPSに向いており、キーボードとマウス間の距離が短くなるので、手の移動が早くなります。
その一方で手首の負担が上がるので、プロゲーマーやFPSプレイヤーはリストレストを使用する人が多くいます。

広めのサイズ

パソコン作業中は意外と手を動かすので、リストレストは広めのサイズを選ぶべきです。狭いサイズのリストレストでは、手が移動したときにリストレストからはみ出ることがあり、快適な作業はできません。

リストレストから手がはみ出ないように気遣って、パソコン作業をすることになります。
デスクのスペースが許す限り、広いサイズのリストレストを使用するべきです。

ゲーミングリストレストのおすすめ8選

おすすめのゲーミングリストレストを紹介します。

Kingston HyperX Wrist Rest

  • 低反発クッション
  • 滑りにくいグリップ
  • フルサイズキーボードにフィット
HyperX Wrist Restをおすすめする理由は、さらっとしたカバー素材でひんやりとしているので、とても気持ちがいいことです。

柔らかすぎず硬すぎないクッションは、手首をしっかりと支えてくれます。
ゴム製のリストレスト底面は、ずれにくく快適にキーボードで作業をすることが可能です。サイズはフルサイズキーボードにフィットしていて、手首がどの位置でも快適な使い心地になります。

リストレストは全周に摩擦に強いステッチ加工がしてあり、高い耐久性があります。

参考 Kingston 公式サイト

Razer Ergonomic Wrist Rest Pro

  • 冷却ジェル注入クッション
  • 滑りにくいグリップ
  • フルサイズキーボードにフィット
Razer Ergonomic Wrist Rest Proをおすすめする理由は、冷却ジェル入りクッションと激しい動きでもリストレストがずれないからです。

冷却ジェル入りクッションは、クッション内に冷却ジェルを注入して、全体的にひんやりしています。長時間のゲームを行うと手首に熱を持ちますが、この冷却ジェルは手首の熱を抑える効果があります。
そのため、長時間のゲームプレイでも手首の疲れを軽減させることが可能です。

底面のラバーグリップにより、ずれることがなく快適に作業をすることができます。

参考 Razer 公式サイト

エレコム キーボード用リストレスト

  • 3種類の素材から選べる
  • 横浜市総合リハビリテーションセンターと共同開発
  • 日本製の高品質
エレコム キーボード用リストレストをおすすめする理由は、3種類の素材から選ぶことができ、日本製の高品質な作りからです。

素材はクッション素材・低反発素材・ゲル素材の3種類があり、自分に適した素材を選ぶことができます。特にゲル素材がおすすめで、車椅子のクッション素材に使われるエクスジェルを使用しています。

またリストレストが波うった形状をしており、手首にフィットするように作られています。手首のずれが少なくなり、快適なパソコン作業が可能です。

参考 エレコム 公式サイト

サンワサプライ キーボード用低反発リストレスト

  • 低反発ウレタン素材
  • 大型のキーボードに対応できるサイズ
  • お手頃な低価格
サンワサプライ キーボード用低反発リストレストのおすすめポイントは、低反発ウレタン素材を使用し、手首の負担を軽減させてくれる点です。

低反発ウレタン素材は、宇宙工学から生まれた低反発ウレタンフォームが手首の形状を記憶します。手首にかかる重さを均等に分担させることで手首の疲れを軽減させることが可能です。

手の動きにあわせてウレタンの形状が変化するので、どんなときでも抜群のフィット感を得ることができ、腕や肩の疲れを和らげることが可能です。

お手頃な低価格のため、買い替えが容易でしょう。

参考 サンワサプライ 公式サイト

ロジクール パームレスト MX10PR

  • 滑らかでひんやりしている
  • 薄いキーボードに最適
  • 充分なクッション性能

ロジクール パームレスト MX10PRをおすすめするポイントは、クッションが薄めだが十分なクッション性能をもっている点です。

リストレストの表面は滑らかでひんやりしており、とても触り心地がよくできています。
クッションの厚みはかなり薄くできているので、薄めのキーボードとあわせて使うのに最適です。

薄いキーボードを使用しているときに、厚めのリストレストを使うと手が浮いてしまいます。本製品を使用することで、薄めのキーボードでもしっかりと手を支えてくれるでしょう。

参考 ロジクール 公式サイト

FILCO Genuine ウッドリストレスト

  • 希少なウッドリスト
  • インテリアとして優れている
  • 純国産

FILCO Genuine ウッドリストレストのおすすめポイントは、希少なウッドレストであり、インテリアとして優れている点です。

木製のリストレストは種類が少なく、あまり制作しているメーカーはありません。ウッドリストはインテリアとして優れていて、布や皮とは違う高級感があります。

黒色のリストレストはいかにもビジネスかゲーミング用途に見えるが、木目のウッドリストは部屋に置いてあるだけでインテリアの一部となるでしょう。

参考 ダイヤテック 公式サイト

Kensington ErgoSoft リストレストfor Mouse

  • 2種類の厚みから選べる
  • コンパクトなサイズ
  • 人間工学に基づいた設計
Kensington ErgoSoft リストレストのおすすめポイントは、2種類の厚みから選ぶことができ、人間工学に基づいた設計により手首の負担を軽減する点です。

厚みはスタンダードとスリムの2種類があり、自分の作業スタイルにあわせて選ぶことができます。一般的なマウスを使用している人にはスタンダードタイプがよく、携帯に便利なスリム型のマウスを使う人はスリムタイプが適しているといえます。

またサイズがとてもコンパクトなため、狭い作業環境であっても邪魔になりません。

参考 Kensington 公式サイト

エレコム マウス用リストレスト

  • 3種類の素材から選べる
  • コンパクトなサイズ
  • 日本製の高品質

エレコム マウス用リストレストのおすすめポイントは、3種類の素材から選ぶことができ、デスクスペースをとらないコンパクトなサイズである点です。

素材はクッション素材・低反発素材・ゲル素材の3種類があり、自分に適した素材を選ぶことができます。特にゲル素材がおすすめで、車椅子のクッション素材に使われるエクスジェルを使用しています。

サイズがコンパクトでデスクスペースをとらないため、狭いスペースでも使用できます。
コンパクトながらも手首の支えはしっかりしていて、手首の負担を軽減してくれます。

参考 エレコム 公式サイト

まとめ

ゲームのみならず、パソコン作業は手首や腕へ想像以上に負担をかけています。

パソコンは仕事やプライベートで長時間使うため、少しでも体の負担を軽減することができるリストレストを使用するべきです。

体への負担を軽減することで、作業効率の向上を見込むことができ生産性を高められます。

自分の体にあったリストレストを使い、快適なパソコン作業をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です